飛ぶと跳ぶ

今回は「飛ぶ」「跳ぶ」という2つの言葉について説明します。どちらの「とぶ」も辞書によっては同じ意味を持つ言葉として、掲載されていますのでとても似通った言葉だと言えるでしょう。今回は「とぶ」という言葉の意味について説明した上で、それぞれどういった場面で使われている言葉なのかを詳しく解説します。

「飛ぶ」と「跳ぶ」の具体的な意味の違いとは?

まずは「飛ぶ」という言葉について説明します。「飛ぶ」とは「空中を進む。空中に舞い上がる。声・指示・噂などがさっと伝えられる。足も地に着かないほど大急ぎでそこに至る。駆けつける。行方をくらまそうと一挙に遠くに逃げ去る。一瞬のうちに失せる。間が抜けて先のほうに移る」などの意味があります。次に「跳ぶ」とは「勢いよく跳ねる。跳ねて越える」とあります。「飛ぶ」が空中を進む、移動するという意味で使用されるのに対し、「跳ぶ」はその場で跳ね上がる、高く上がるとの意味があります。また「飛ぶ」には空を移動する以外にも多くの比喩的表現で使用されています。

スポンサーリンク

この場合はどっちの「とぶ」?具体的な使用例を紹介!

・パラグライダーを使って、空を「とぶ」夢をかなえた
・議論が白熱し、会場内には怒号が「とぶ」
・事件が発生し、刑事が現場に「とぶ」
・開発した商品が「とぶ」ように売れている
この場合は「飛ぶ」が正解です。1つ目の例文では空を移動するという意味として、2つ目は声がさっと伝わる、3つ目の文では比喩的表現としてすぐに現場に駆け付けるという意味合いがあり、最後の例文でも飛ぶようにとう比喩的な表現として使われています。

・雨上がりに、カエルが地面を「とぶ」
・全力をだして、障害物を「とび」こえる
この場合は「跳ぶ」が正解です。どちらも地面を蹴り上げて高く上がる、地面からはねあがる、という意味で使われていますので「跳ぶ」が正しい使い方となります。

飛ぶ・跳ぶの言葉の意味の違いとは?まとめ

今回ご紹介した「とぶ」という2つの言葉について、意味はご理解いただけたでしょうか。「飛ぶ」は「空中を進む」という意味で使用されるだけでなく、比喩的表現として言葉が伝わる、遠くに逃げ去る、急に大きく動くなどの意味としてもよく用いられています。また、「跳ぶ」は地面を蹴って跳ね上がるという意味で使われており、こちらの「跳ぶ」は比喩的表現として用いられることはありません。この法則を知ることで、上手に使い分けられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク