断つ・絶つ・裁つの意味の違いとは

今回は「たつ」と読む3つの同訓異字について考えてみましょう。この3つの言葉には共通して「つながりを失わせる」という意味があります。ですが、それぞれに違った意味合いがあり、この3つの言葉は明確に使い分けられています。それぞれの意味と使い方について解説します。

「断つ」の意味

まず初めに「断つ」の意味について説明します。「断つ」とは、「続いてきた物事をたやす。つながりをなくす。縁を切る」とあります。具体的・比喩的・一時的な表現として用いられることが多い言葉です。

「絶つ」の意味

次に「絶つ」の意味を説明します。「絶つ」の意味も「続いてきた物事をたやす。つながりをなくす。縁を切る」とあります。「断つ」と全く同じ意味を持つ言葉ではありますが、こちらの「絶つ」は抽象的・永続的な表現として使われており、「命が断つ」「消息を絶つ」など永遠に再び繋がることがない状況について、状況が終わることについて述べる場合に使われます。

「裁つ」の意味

最後に「裁つ」とは「紙・布を切りはなす。布を服に仕立てるために切る」とあります。この「裁つ」は前述の「断つ」「絶つ」と「つながりをなくす」という意味では共通していますが、布・紙と切る場合のみで使われている言葉ですので、使い分けやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この場合はどの「たつ」?具体的な使用例を紹介!

・健康診断の結果が悪かったので、一時的に酒を「たつ」
・自分を追い込むために、退路を「たつ」
この場合、どちらも「断つ」が正解です。酒を「たつ」のは一時的だと書かれていますので、一時的な「たつ」の場合は「断つ」を使用します。また、2つ目の例文では退路という目に見えないものを「たつ」としていますので、比喩的表現として用いられる場合も「断つ」が正しい使い方となります。

・別れた彼女とは永遠に連絡を「たつ」
・日本では自ら命を「たつ」人が後を「たたない」
この場合は「絶つ」が正解です。1つ目の例文では、別れた彼女とは連絡を永遠に取らないという意味で使われていますので、「絶つ」を使用します。また、次の例文では一度つきた命は元には戻らないという意味で「絶つ」を使用し、「終わりがない」という意味合いで「絶つ」の否定形である「絶たない」が用いられています。

・ハサミを使って、紙を「たつ」練習をする
・服を作るには、まず布を「たつ」ところから始まる
この場合は「裁つ」が正しい使い方となります。それぞれ、紙・布を切るという意味で使われていますので、「裁つ」が正解です。

断つ・絶つ・裁つの言葉の意味の違いとは?まとめ

今回ご紹介した3つの「たつ」は、「つながりを失わせる」という意味では共通していました。「断つ・絶つ」は意味も同じですが、使う表現や場面によって使用する漢字が変わります。「裁つ」は紙・布を切り離すという意味で用いられていますので、比較的わかりやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク