触ると障るの意味の違い

今回は「触る」と「障る」という同訓異字について学びましょう。この2つの言葉には全く違った意味を持つ言葉です。言葉の使い方の注意点なども踏まえて、今回はこの2つの言葉を上手に使い分けができるように詳しく説明します。

「触る」と「障る」の具体的な意味の違い

まず最初に「触る」の意味について説明します。「触る」とは、「(体の一部、特に指や手のひらや足先などが)物に(軽く)くっつく」とあります。また、「障る」とは「動きなどがそれにさえぎられる。差しつかえる。害になる」とあります。「障る」は文語動詞「障ふ(さう)」(せきとめる、邪魔する)と同じ語源から生まれた言葉です。また、「触る」については「触れる」という言葉も同じ意味として用いられています。

スポンサーリンク

この場合はどちらの「さわる」?具体的な使用例を紹介!

・降り出した雪を手で「さわる」
・降り出した雪に手が「さわる」
1つ目の例文のように、意図的に「さわる」場合に「触るを使用するのが本来正しい使い方です。2つ目の例文のように意図しないで「手がさわる」状態の場合、本来は「触れる(ふれる)」を使用するのが正しい使い方になります。ですが、最近では「手がさわる」のように間違った使い方がされている場合も多いので間違えないように気を付けましょう。

・彼の言動はいちいち気に「さわる」
・あまり神経質になってばかりいると健康に「さわる」
この場合は「障る」が正解です。どちらも「害になる」という意味で「さわる」という言葉を用いていますので、「障る」が正しい使い方になります。

触る・障るの言葉の意味の違いとは?まとめ

「触る」「障る」という同訓異字は、全く違った意味を持つ言葉ということがご理解いただけたでしょうか。「触れる。物に軽くくっつく」という意味を持つ「触る」に対し、「障る」は「害になる」という意味を持つ言葉です。2つの言葉には明確な違いがありますので、使用する際には間違えないように気を付けましょう。

スポンサーリンク