聞くと聴くの意味の違い

今回は「聞く」と「聴く」という2つの同訓異字について説明します。この2つの言葉はどちらも「物音や人の声を耳でとらえる」という意味では共通しています。そして辞書によっては全く同じ意味として表記されている場合もある言葉です。今回は、使い分けに悩む「きく」という言葉について、使い方の違いを考えてみましょう。

「聞く」と「聴く」の具体的な意味の違い

まず最初に「きく」の意味について説明します。どちらの「きく」も「音・声を耳で感じ取る、聴覚を働かす。要求・命令・教えを承知する。答えを求めて問う。たずねる」との意味があります。では具体的に「聞く」と「聴く」の使い方の違いについて説明しますと、「聞く」は「自然と耳に入る、音を耳で感じ取る、聞いて知る」というように、意識せずに耳に入る場合や、ただ単に「音を耳に入れる」場合に主に用いられます。一方「聴く」は「聞こうとして聞く。注意してよく聞く」場合に使用します。2つの言葉は同じ意味を持ちながら、聞いている本人の意思や感じ方によって使い分けられる、とても珍しい言葉だということがわかります。

スポンサーリンク

この場合はどっちの「きく」?具体的な使用例を紹介!

・彼はいつも授業を上の空で「きく」
・初めて訪れた土地で道に迷い、人に「きく」
この場合は「聞く」が正解です。1つ目の例文では「ただ単に聞く」「腰を据えて聞いているわけではない」ので、「自然と耳に入れる」という意味で「聞く」が用いられます。2つ目の例文では、人に道を訪ね、注意して聞いている様が思い浮かびますが、「聞いて知る」という意味で「聞く」を使用します。また、この場合の「きく」は、訪ねるを意味する「訊く」という漢字を使用してもよいでしょう。

・彼はいつも授業を真剣に「きく」
・通勤の際にはヘッドホンで音楽を「きく」
この場合は「聴く」が正解です。1つ目の例文は「聞く」の例文ととても似通っていますが、この場合は「聞こうとして聞く」という意味で使われていますので、「聴く」が正しい使い方です。また、2つ目の例文ではヘッドホンをつけて音楽を「聞こうとして聞く。自ら望んで聞こう」としていますので、「聴く」がより正確です。

聞く・聴くの言葉の意味の違いとは?まとめ

今回解説した「きく」という同訓異字は、どちらも同じ意味を持つ言葉だということがおわかりいただけたでしょうか。ですが、聞いている人が「ただ耳に入れる。特に熱心に意思を持たずにきく」場合は「聞く」を使用し、「意思を持って、聞こうと思ってきいている」場合には「聴く」を使用します。こういった使い分けをする言葉はとても珍しいですね。

スポンサーリンク