香りと薫りの意味の違いとは

今回は「香り」と「薫り」の意味の違いについて考えてみましょう。どちらの「かおり」も漠然と「におい」に関する言葉だということは想像がつきますが、2つの「かおり」について具体的な意味の違い、使い方の違いはあるのでしょうか。今回は2つの言葉について詳しく学びましょう。

「香り」と「薫り」の具体的な意味の違い

まず最初に「香り」の意味について説明します。「香り」とは「鼻で感じられる良い匂い」とあります。具体的にかぐことのできる良い匂いの場合には「香り」が用いられています。元々は「きび」を煮た際の良い匂いが語源となっている言葉です。一方、「薫り」とは「主に比喩的、あるいは抽象的な匂い」とあります。こちらは、香草の匂いがたちこめる様が語源です。一部の辞書では「香り」「薫り」ともに「いいにおい」という同じ意味として扱っているものもありますが、使い分ける際には直接的な匂いは「香り」、比喩的な匂いは「薫り」と覚えておくとよいでしょう。また、どちらの場合も「かおり」は「いいにおい」に対して用いられている言葉ということも覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

この場合はどちらの「かおり」?具体的な使用例を紹介!

・彼女はいつもとても良い「かおり」の香水をつけている
・春になると色々な花の「かおり」で癒される
この場合は「香り」が正解です。どちらも「直接的にかぐことのできる匂い」ですので、「香り」が正しい使い方になります。

・京都を訪れると歴史の「かおり」を感じることができる
・初夏の「かおり」が訪れる頃には、新しい生活にも慣れているだろう
この場合は「薫り」が正解です。1つ目の例文では直接的に感じることの出来ない歴史の「におい」について述べています。また、2つ目の例文は「初夏のかおり」について述べていますが、初夏になると何となく春とは違った匂いがすると感じる方も多いと思いますので「香り」と思うかもしれませんが、地域によって海・草花・アスファルトの匂いなど同じ匂いではない、人によっても感じる匂いの種類が違うという意味で抽象的表現として「薫り」がより正しい使い方になります。

香り・薫りの言葉の意味の違いとは?まとめ

今回は「香り」と「薫り」の具体的な意味の違いについて解説しました。どちらも「いいにおい」に関する言葉ですが、具体的にかぐことのできる花・香水などの場合は「香り」、主に文学的な比喩表現として用いる場合は「薫り」を用います。一部辞書においては同じ意味として使われていることからどちらを使っても間違いではありませんが、比較的わかりやすい違いですので、ぜひ次回から上手に使い分けてくださいね。

スポンサーリンク