油と脂の意味の違い

今回は「油」と「脂」の意味の違いについて解説します。何気なく使っている二つの「あぶら」ですが、明確な意味の違いはあるのでしょうか。それとも同じ使い方をする言葉なのでしょうか。二つの同訓異字について詳しく学んでみましょう。

「油」と「脂」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「油」とは「普通、水に溶けない透明な液体」とあります。また、「活動の原動力。活気」という比ゆ的な表現としての意味があります。

一方「脂」とは「常温では固体であっても温めると液体になるもの」とあります。注意書きとして「常温で液体のものを『油』固体のものを『脂』と言い、特に肉のあぶらについては『膏』という」とあります。なたね油・石油など常温で液体のものは「油」が使用されているのに対し、常温で固体である脂肪・ラードなどは「脂」と表現されています。また、肉のあぶらについては「膏」が正しい書き方になりますが、「牛脂」などのように実際には「脂」が使用されている場合も多いようです。

スポンサーリンク

この場合はどの「あぶら」?具体的な使用例を紹介!

・天ぷらを揚げる場合は、ごま「あぶら」を少量混ぜるとよい
この場合は「油」が正解です。常温の状態で液体であるごま油について述べていますので、この場合は「油」が正しい使い方になります。
・ラードは豚の「あぶら」で出来ている
この場合はどうでしょうか。本来ならば「膏」を使うのが正解なのですが、現在一般的には「脂」が使用sれています。「膏」「脂」どちらも正解だといえるでしょう。
・君の発言は火に「あぶら」を注ぐだけだから止めたほうがよい
「勢いの盛んなものをさらに激しくさせるようなことをすることのたとえ」として「火に油を注ぐ」という言葉があります。ですので、この場合は「油」が正しい使い方です。
・我が子の行き過ぎた行動に「あぶら」をしぼる
「絞め木にかけて油をしぼり取るように、過失などを強く責める。ぎゅうぎゅうの目にあわせる」という意味の例えに「油をしぼる」という言葉があります。その場合は「油」を使用するのが正解です。

油と脂の言葉の意味の違いとは?まとめ

「油」と「脂」の意味の違い、ご理解いただけたでしょうか。二つの言葉には明確な意味の違いがありました。常温で液体のものは「油」、個体のものは「脂」で表されます。ただし、特に肉のあぶらは「膏」と表すのが正確ですが、現在は「膏」は「脂」で示される場合が多いこともわかりました。

スポンサーリンク