見栄と見得の意味の違い

今回は「ミエ」という二つの言葉について考えてみましょう。実はこの二つの言葉は元々「見え」と記されていた言葉です。「見え」という言葉には様々な意味があり、そのうち漢字があてがわれるようになり、現在のように浸透しました。元は同じ「見え」だった「見栄」と「見得」について今回は詳しく説明します。

「見栄」と「見得」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。

「見栄」とは「見た目の姿を意識して、実際以上によく見せようとする態度」とあります。

そして「見得」とは「(主に)歌舞伎の演技・演出。俳優が感情の高揚した場面で一瞬動きを停止して、にらむようにして一定のポーズをとること」とあります。

また、「見栄」「見得」ともに「見え」から生まれた単語だということは前述しましたが、どちらも当て字のため、「栄える」「得る」などの意味は言葉には含まれていない点で共通しているといえるのではないでしょうか。

この場合はどの「ミエ」?具体的な使用例を紹介!

・ついつい「ミエ」をはって高い洋服を買ってしまう
・「ミエ」っぱりな性格は損をするのでやめたほうがよい
この場合は「見栄」が正解です。どちらもついつい自分自身をよく見せようとする事について書いてありますので「見栄」が正しい使い方になります。

・歌舞伎の「ミエ」はとても難しそうだ
・歌舞伎で「ミエ」の演技をすることを「ミエ」を切るという
この場合は「見得」が正解です。一般的に歌舞伎の演技の一種として、高揚した感情を表す場合は動きを停止させてポーズをとる方法について「見得を切る」といいます。「見得」という言葉は現在では歌舞伎の世界以外で使われることはほぼありません。

見栄と見得の言葉の意味の違いとは?まとめ

今回は同じ「見え」という言葉から派生した二つの「ミエ」について解説しました。どちらも当て字だということは共通していましたが、その意味は全く異なることに驚きましたね。「見栄」は自分を実際以上によく見せようとすることを言いますが、「見得」は歌舞伎の演技法の一種としてのみ使用される言葉でした。普段「見得」を使う機会は少ないかもしれませんが、「見栄」は比較的よく使用する言葉ではないでしょうか。次に使用する場合は、意味の違いなどを意識して、正しく使用してくださいね。

スポンサーリンク