並行・平行・平衡の意味の違い

今回は「ヘイコウ」という3つの言葉について説明します。学生時代に数学で習ったおなじみの「ヘイコウ」もあれば、普段使いなれない「ヘイコウ」もあります。今回はこの「ヘイコウ」という同音異義語について詳しく解説していきます。

「並行」の意味

まずは「並行」の意味について説明します。「並行」とは「並んで進むこと」とあります。目に見える物質や物に対して「高速道路と並行して、国道が走っている」というような使われ方をする場合もありますし、「議論が並行して、話がまとまらない」のように目に見えない出来事に対して使用されることもある言葉です。

「平行」の意味

次に「平行」の意味について説明します。「平行」とは「数学で、同じ平面上の2直線。または直線と平面、または2平面がいくら延長しても交わらないこと。また比ゆ的表現として、一方に対しそれと同じような事が他方でも成り立つこと」とあります。数学においての平行は皆さんが学校で習われた平行のイメージそのままと解釈してよいでしょう。比ゆ的表現においては「議論が平行して、話がまとまらない」のように、「並行」と同じ使い方で用いられています。

「平衡」の意味

最期に「平衡」の意味について説明します。「平衡」とは「つりあい(のとれていること)。均衡」とあります。「平衡」がよく使われる場面として「平衡感覚」「熱平衡」などのがあります。「平衡」の「衡」にははかりのさおの意味があり、つりあいを表す漢字として使用されています。

並行・平行・平衡の意味の違いとは?まとめ

今回解説した3つの「ヘイコウ」についてご理解いただけたでしょうか。「並行」と「平行」は違う意味を持つ言葉ですが、比ゆ的表現においては同じ意味で使用される言葉だということがわかりました。また「平衡」は単体で使用されるより「平衡感覚」など他の言葉と合わせて使用される場合が多い言葉です。それぞれの意味は全く違うものでしたが、一部では同じ意味で用いられる、とても珍しい同音異義語でしたね。

スポンサーリンク