表記と標記の意味の違い

今回は二つの「ヒョウキ」について説明します。普段何気なく目にする機会も多い「表記」と「標記」ですが、それぞれの詳しい意味をご存知でしょうか。今回は何となく意味がわかるこの二つの言葉について詳しく解説します。

「表記」と「標記」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「表記」とは「おもてに書くこと。その書かれたもの。また、字や記号で書き表すこと」とあります。「標記」とは「めじるしとする符号。また、その符号をつけること。標題として書くこと。またそのことがら」とあります。一般的には「表記」は文字や記号を書き表すことを意味する場合に多く使用され、「標記」はメールや文章のタイトルを指す場合が多いです。

スポンサーリンク

この場合はどっちの「ヒョウキ」?具体的な使用例を紹介!

・彼の息子へのメッセージはひらがな「ヒョウキ」で書いてください
この場合は「表記」が正解です。文字をひらがなで書き表すようにお願いしていますので、「表記」が正しい使い方になります。

・(ビジネスメールにおいて)「ヒョウキ」の件につきましてご提案いたします。
この場合は「標記」が正解です。メールや文章を指す場合は「標記」が正しい使い方になります。ですが、社内などの文書作成基準などで「表記」と指導される場合もあります。本来は「標記」を使用すべきところですが、「表記」という間違った使用方法もビジネスメールでは一般的に見られます。

「表記」と「標記」の意味の違いとは?まとめ

二つの言葉の違いについて説明しましたが、ご理解いただけたでしょうか。「表記」は文字や記号を書き表す場合に使用される言葉であるのに対し、「標記」はタイトルの意味で使われることが多い言葉です。ビジネスメールでよく使われる「ヒョウキの件について」などは、本来ならば「標記」が正しいのですが、現在では企業内の規定でも「表記」と指導される場合もあり、使い分けは曖昧になりつつある言葉でもあります。

スポンサーリンク