特徴と特長の意味

今回は「特徴」と「特長」の意味について説明します。この二つの言葉、普段皆さんはどのように使い分けていますか。二つの言葉は何となく同じような意味だと理解し、変換された文字をそのまま使用している場合が多いのではないでしょうか。それぞれの詳しい意味を理解することで、二つの言葉を使い分けられるように考えてみましょう。

「特徴」と「特長」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「特徴」とは「他と比べて特に目立ったり、他との区別に役立ったりする点。(価値とは無関係にも使える)」とあります。
そして「特長」は「すぐれた特徴」とあります。つまり特徴は良い点、悪い点どちらにおいても使える言葉なのに対し、「特長」は「特徴」の中でも特に、他と比べてすぐれた目立つ点のことを言う場合に使われる言葉です。

この場合はどっちの「トクチョウ」?具体的な使用例を紹介!

・三毛猫は白・黒・茶の三色の毛色を持つ「トクチョウ」がある

この場合は「特徴」が正解です。他の種類の猫と違う点、区別に役立ったりする点として三毛猫は三色の毛色を持つことをあげていますので、「特徴」が正しい使い方になります。

・三毛猫は他の猫よりも約二年長生きをするという「トクチョウ」がある
この場合は「特長」が正解です。他の種類の猫と違う部分をあげている点では、特徴の例文と同じですが、この場合はすぐれた目立つ点として約二年長生きをするという点を伝えていますので「特長」がより正しい使い方になります。ただし、「特徴」を使用しても間違いではありません。

特徴と特長の意味の違いとは?まとめ

「特徴」と「特長」について考えてみましたが、いかがでしたか。「特徴」は他の種類と違う点、区別に役立つ点を述べる時に使われ、良い意味でも悪い意味でも使用可能な言葉です。

「特長」はその中でも特に他と比べてすぐれた点を述べるのに使われています。迷った場合は「特徴」を使用すると間違いではないのですが、素晴らしい点、良い点を表す場合は「特長」を使用したほうがより正確だと言えるでしょう。

スポンサーリンク