促成・即製・速成の意味の違い

今回は「促成」「即製」「速成」の三つの言葉について考えてみましょう。皆さんはこの三つの「ソクセイ」という言葉を上手に使い分けることが出来ていますか。この三つの言葉には共に「作る」という意味合いが含まれていますが、それぞれの言葉には異なる意味があります。今回はこの三つの言葉の違いを説明します。

「促成」の意味

まず初めに「促成」の意味を説明します。「促成」とは「人工を加えて、早く成長させること」とあります。「促成栽培」という言葉がありますが、例えば露地では夏に収穫されるナスなどの夏野菜を、ビニールハウスなどの人の手を加えることで保温し、春などの早い時期に収穫するという栽培法をいいます。人の手を加えることで何かをより早く作り上げる場合は「促成」を使いましょう。

「即製」の意味

次に「即製」の意味を説明します「即製」とは「その場ですぐつくること。また、作ったもの」とあります。類語として「即席」という言葉がありますが、「即製」がその場で作ることであるのに対し、「即席」はその場ですることとありますので、「即席」の中で特に何かを作る場合に「即製」という言葉が使われていることがわかります。

「速成」の意味

最後に「速成」の意味を説明します。「速成」とは「短期間で仕上げること、仕上がること」とあります。つまり、物事が普通より早く仕上がる、仕上げたことに対して「速成」という言葉が使われています。

促成・即製・速成の意味の違いとは?まとめ

今回はそれぞれ「作る」という意味を持つ、三つの「ソクセイ」について説明しました。人の手を加えることで早く成長させる意味で使われる「促成」、その場でするという意味の「即席」の中でも特に何かを作る場合に使われる「即製」、短い時間で仕上げる、仕上げたという意味の「速成」。作るという共通点はあるものの、それぞれ全く違った意味を持つ言葉だということがわかりました。このような同音異義語はほかにもあるのでしょうか。ぜひ探してみてくださいね。

スポンサーリンク