節制と摂生の意味の違い

今回は「節制」と「摂生」の二つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。「節制」はある程度、漢字から類推することが可能ですが、一般的に使われない「摂生」という言葉、あなたは説明することができますか?ぜひこの機会に、一度意味を理解していってください。

「節制」と「摂生」の基本的な意味の違いについて

まずは、両者の基本的な意味から見ていきましょう。

「節制」「1.欲望におぼれて度を越すことがないように、適度につつしむこと。2.規律正しく統制のとれていること 3.欲望を理性の力によって秩序のあるものとすること。」とあります。

それに対し「摂生」は、「健康に注意し、病気にかからず丈夫になるようにすること。養生」と説明されています。二つの説明の通りですが、噛み砕いて説明すると「節制」は自分を律することを意味します。感情のままに行動するのではなく、理性によってコントロールし「制限」することが「節制」です。「摂生」も似通った部分はありますが、特に「健康」という言葉がキーワードになるでしょう。「節制」と同じく、自身をコントロールする意味を持ちますが、それは特に過食を避けるなどの意味で、「健康を保つためのコントロール」のことになります。

スポンサーリンク

この場合はどっちの「セッセイ」?具体的な使用例を紹介!

・お金の使い方を考え、「セッセイ」する。
この場合は「節制」が正解です。お金を欲望のままに使わず、慎むという意味で使われているため、「健康」がキーワードとなる「摂生」は使いません。

・規則正しい生活などを身に付け、「セッセイ」する。
この場合は「摂生」が正解です。先ほども説明したとおりですが、「摂生」とは「健康になるため注意すること」です。シンプルに「自身をコントロールする」という意味で用いられる「節制」より、「摂生」の方が適当であると言えます。

節制と摂生の意味の違いとは?まとめ

いかがでしたか。「節制」と「摂生」の意味の違い理解頂けたでしょうか。大きく異なった意味を持つ言葉ではないですが、それぞれに特徴があることが分かりました。使う機会が多い言葉ではないかもしれませんが、歳を取れば、「節制」も「摂生」も重要な言葉であると言えます。是非覚えていってください。

スポンサーリンク