精油と製油の意味の違い

今回は「精油」と「製油」の二つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。どちらも「油」に関連する言葉であることは分かると思いますが、実際に文章にする場合に、二つの言葉はどのような意味を担うのでしょうか。「油」に関連した知識も交えながら解説していきたいと思います。

「製油」の意味

分かりやすく理解する上で、まずは「製油」の意味から説明させて頂きます。
「製油」「油を精製・製造すること」という意味があります。「油」そのものではなく、「製造すること」を指した言葉であるという部分がポイントです。「製油」には主に二つの方法があり、動植物から油脂を搾り取り、食用にいかす「動植物性油の製造」と原油を精製して石油製品に転じる「鉱物性油の生産」があります。それら「油」によって作られるものが具体的にどういったものかは、次の章で説明させて頂きます。

「精油」の意味

続いて「精油」の意味を説明していきます。
「精油」「植物が産出する揮発性の油」のことです。英語では「エッセンシャルオイル」と言います。基本的には、先ほどの「製油」が作ることを意味し、こちらの「精油」は作られたものとして使われることが多いですが、「精油」も「原油を精製すること」という意味も持つので注意しましょう。「精油」は、先ほど説明した「動植物性油の製造」によって作られた「油」のことを指します。「精油」の特徴としては、特有の芳香を持つものが多いため、主に食品産業、殺虫剤、香水、化粧品などに使われます。また、「エッセンシャルオイル」という言葉でイメージした方も多いかと思いますが、「精油」は特にアロマテラピーなどで使われます。

精油と製油の意味の違いとは?まとめ

いかがでしたか。「精油」と「製油」の言葉の意味の違い、理解頂けたでしょうか。日常で生活していてもあまり気にしないものですが、「精油」は日常に溢れています。自分の生活で、どういったものに使われていて、どういった方法で何から抽出された「油」なのか、掘り下げていくと様々な発見があって面白いと思います。

スポンサーリンク