青年と成年の意味の違い

今回は「青年」と「成年」の二つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。何となく「若い人」というイメージを持つ方も少なくないかもしれません。では具体的に、二つの意味はどう異なり、年齢はどのくらいの線引きが正しいのでしょうか。細かく説明していきたいと思います。

「青年」の意味

まずは「青年」の意味から説明していきます。「青年」「 青春期の男女。10代後半から20代の、特に男子をいうことが多い。若さを強調する場合には30代にもいう。わかもの。わこうど。」とあります。

若い人のことを指す場合に使う言葉で、男に限定して言う場合には「青少年」といい、「青年」は女性も含めて使うことのできる言葉です。「青年」の「青」の字は、物事の初期を意味する漢語が元になっており、「青年」の他にも、「未熟な人を罵って言う言葉」の「青二才」や「青臭い」「青侍」など、「青〇〇」は多様に使われています。

「成年」の意味

続いて「成年」の意味を説明していきたいと思います。「成年」「 人が完全な行為能力を有するとみなされる年齢。日本の現行制度では満20歳。ただし、未成年者でも婚姻をすれば成年とみなされる。」とあります。

一般的には、「未成年」という言葉の方が耳にする機会が多いのではないでしょうか。状況などによって例外はあるようですが、基本的には二十歳に達している場合、「成年」と呼ばれます。年齢は民法第4条によって設けられており、結婚などで「成年」と呼ばれることを例外とすれば、二十歳から「飲酒」「喫煙」「選挙権」などが与えられます。若さを表す「青年」と、成熟さを表す「成年」では大きく意味が異なることが分かります。

青年と成年の意味の違いとは?まとめ

いかがでしたか。「青年」と「成年」の言葉の違い、理解頂けたでしょうか。「成年」という言葉は、日本では、年齢の引き下げなどにおいてまだまだ議論が行われているテーマの一つです。「年齢」と「社会的な自律能力」を掘り下げてみると、ますます面白いと思います。

スポンサーリンク