成長と生長の意味の違い

今回は「成長」と「生長」の言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。「成長」という言葉は使う機会が多いですが、「生長」はあまり使わないのではないでしょうか。また、いざ日常で当たり前のように使っている「成長」という言葉も、説明しろと言われると難しいかもしれません。今回は、それぞれの意味を深く掘り下げていきたいと思います。

「成長」と「生長」の基本的な意味の違いについて

まずはそれぞれの「せいちょう」がどのような意味を持つのか見ていき、違いを明らかにしていきましょう。

私たちが普段使っている「成長」「生物や物事が発達し大きくなることをいう。」とあります。

それに対して「生長」「1.草木が生い育つこと。2.人や動物が生まれ育つこと。」とあります。基本的な意味は同じですが、「動物」に対して使う場合には「成長」を、「植物」に対して使う場合には「生長」を用いるのが正しいようです。また、「成長」は物事に対しても使うことができるという特徴があります。「高度経済成長」や「会社が成長する」など生物以外にも使えるのが特徴です。

この場合はどちらの「セイチョウ」?具体的な使用例を紹介!

・ひまわりが「セイチョウ」していく。
この場合は「生長」が正解です。先ほども説明した通り、「植物」に対して使う場合には「生長」が適当です。「ひまわり」は植物なので、「生長」を使うのが正しいでしょう。

・息子の「セイチョウ」を書き留めていく。
この場合は「成長」が正解です。人間に対して使う場合には、「成長」を用いるのが適当です。

成長と生長の意味の違いとは?まとめ

「成長」と「生長」の違い、理解頂けたでしょうか。日常的には「成長」という言葉を使う機会が圧倒的かと思います。ポイントとして、「生長」は主に「植物」に対して、「成長」は「動物」また「物事」に対して使えることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク