精算と清算の意味の違い

今回は「精算」と「清算」の二つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。どちらの言葉も、「お金」にまつわる言葉として認識されているのではないでしょうか。では具体的に「精」と「清」、使われる漢字によって意味はどのように異なるのでしょうか。解説していきます。

「精算」と「清算」の基本的な意味の違いについて

まずは、それぞれの意味を見ながら違いを解き明かしていきましょう。

「精算」「金額などをこまかく計算すること。特に、料金などの過不足を計算しなおすこと」とあります。

それに対して「清算」は、「1 相互の貸し借りを計算して、きまりをつけること。2.これまでの関係・事柄に結末をつけること。」とあります。やはりどちらも「お金」に関する言葉であることは間違いないようですが、二つの意味の違いを理解していく上で重要な部分は二つあります。

一つ目は、「清算」という言葉には、「お金」に纏わる1つ目の意味に加えて、「関係や事柄に結末をつける」という意味でも使われるという点です。「清算」の「清」の字が、きれいに整理するという特徴を持つことから、このような意味を持つことが分かります。

そして二つ目ですが、これはニュアンスの違いに関してです。お金に関係した意味で使われる場合に、「精算」の「精」の字は細やかさや精巧さを表現した言葉であるため、「お金を細かく計算する」といった意味になります。それに対して「清算」は、先ほども説明したように、「清」の字が綺麗に整理するといった意味を持つことから、「借りたお金を払いきって決着をつける」などの意味になります。

この場合はどっちの「セイサン」?具体的な使用例を紹介!

・過去のしがらみを「セイサン」する。
この場合は「清算」が正解です。過去のしがらみにけじめを付けるという意味で使われており、「お金」に纏わる使われ方はしていません。

・エクセルを用いて旅費を「セイサン」する。
この場合は「精算」が正解です。エクセルというソフトを用いて、細かく旅費を計算するという意味で使われているため、「精」の字を用いた「精算」が正しいです。

精算と清算の意味の違いとは?まとめ

いかがでしたか。「精算」と「清算」の意味の違い理解して頂けたでしょうか。ビジネスシーンでも、「清算書」「精算書」など「せいさん」という言葉は、日常的に用いられます。この機会に、ぜひ違いを理解しておきましょう。

スポンサーリンク