制作と製作の意味の違い

今回は「制作」と「製作」の二つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。数ある同音異義語の中でも、特に最初の方に疑問を感じる言葉の一つなのではないでしょうか。この「せいさく」という言葉、テレビや映画などの映像作品などにおいても、よく耳にし目にする言葉です。では、具体的にどのように使い分けられているのでしょうか。徹底的に解説していきます。

「制作」と「製作」の基本的な意味の違いについて

まずはそれぞれどのような意味で解説されているのか、基本の部分を見ていきましょう。

「制作」「芸術作品をつくること。映画・放送番組などをつくること。」とあります。

それに対して「製作」「物や設備をつくること。」とあります。これを見て頂くと、先ほどの例で登場した「映画やテレビ」の「せいさく」は前者の「制作」が正しいようです。ですが、実際には「製作」という言葉も映画やテレビのエンドロールで目にする言葉です。それは、この二つの言葉の特徴を抑えておくと明らかになります。まず、一番の違いとしては「何を作るか」で使い分けが可能になるということです。

「制作」主に「芸術作品」に対して使われる言葉です。
それに対し「製作」「物や道具」などの実用的なものに対して使われるのが基本です。
じゃあ映画やテレビなどは「制作」だけ使用するのが正しいかと言えばそうではなく、「製作」の要素も持っているのが事実です。特に企画の立案や資金に関しての面で言えば、より仕事的な意味合いが強いため「製作」が正しいということになります。原作者としての「制作」であるのか、責任者としての「製作」なのか、芸術的な側面を持ち合わせるかそうでないかで、使い分けが可能となってくるのです。

この場合はどっちの「セイサク」が正しい?理解度をチェック!

・この映画はピクサーが「セイサク」を手掛けている。
この場合は「制作」が正解です。ピクサーは「アニメーション制作会社」であり、実際に芸術的に創作する段階を担った会社です。逆に言えば「製作」など出資の部分は「ディズニー」が担っています。

・映画の資金調達で「セイサク」に名前が載った。
この場合は「製作」が正解です。資金調達などの仕事は芸術に関係なく、「製作」の部分の仕事です。その為、「製作」を用いるのが正解です。

制作と製作の意味の違いとは?まとめ

以上が「制作」と「製作」の意味の違いになります。「映画」や「テレビ」など両方の言葉が用いられている厄介な場面を想定して説明させて頂きました。「制作会社」と「製作会社」、今回の説明を通してご理解頂けた通り、違う意味の言葉なので、ぜひ覚えていってください。

スポンサーリンク