進路と針路の意味の違い

今回は「進路」と「針路」の意味の違いについて考えてみましょう。この二つの「シンロ」はどちらも「路」という文字が「道のり」という意味で使用されています。その他にも二つの言葉には共通点があるのでしょうか。相違点も合わせて、二つの言葉について詳しく説明します。

「進路」と「針路」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「進路」「進んで行く道すじ。ゆくて」とあります。具体的な目標などに向かっていく過程のことを「進路」という言葉で表します。

また「針路」「羅針盤の針の向きから決めた、船や航空機が進むべき方向。比ゆ的に、行動を向けるべき方向」とあります。船や航空機などの進むコースのことを「針路」と言いますが、比ゆ的表現で用いられる「針路」では進むべき方向の意味合いもあり、「進路」と同じ意味で使われることもあります。ただし、特に人の進むべき方向を指す場合は「進路」を用いるのが一般的で、「針路」という言葉は比ゆ的表現においても、人に使われることはなく、車や飛行機などの物体の進むべき方向という意味でのみ使用されています。

この場合はどっちの「シンロ」?具体的な使用例を紹介!

・高校卒業後の具体的な「シンロ」についてそろそろ考えるべきだ
この場合は「進路」が正解です。物事の進むべき方向という意味で使われていますので、「進路」「針路」どちらを使用するか悩むかもしれませんが、人の進むべき方向という意味で使われていますので「進路」が正解です。

・強風のため、飛行機の「シンロ」が変更された
この場合は「針路」が正解です。飛行機は物体ですので「進路」という言葉は使われません。「針路」が正しい使い方になります。

進路と針路の意味の違いとは?まとめ

「進路」と「針路」の使い方の違いはご理解いただけたでしょうか。今回説明しました二つの「シンロ」はどちらも「進むべき方向」という意味がありましたが、「進路」は人に対して使うのに対し、「針路」は物体に対して使われる言葉だとわかりました。ただし、「退路」の反対語として使われる場合などは物体に対しても「進路」を使う場合があり、この二つの言葉の使い分けは非常に曖昧な部分も多いということも覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク