侵入・進入・浸入の意味の違い

今回は「侵入」「進入」「浸入」について説明します。三つの言葉のうち特に「侵入」と「浸入」は文字がとても似通っていますので、使い分けるのはとても難しい言葉です。それぞれの「シンニュウ」の意味を理解し、学んでみましょう。

「侵入」の意味

まず初めに「侵入」の意味を説明します。「侵入」とは「(他国の領土・他人の家など)立ち入るべきでない所に、無理に入り込むこと」とあります。つまり、勝手に他人や他国の土地に入る、無理矢理入ることを「侵入」と言います。

「進入」の意味

次に「進入」の意味を説明します。「進入」とは「進んで来て入ること」とあります。「バスが駅に進入する」というように、人や物が別の場所からやって来て、特定の場所に来る・通過する場合に使われます。「進入」の類義語として「立ち入り・入場」などの言葉があります。

「浸入」の意味

最後に「浸入」の意味を説明します。「浸入」とは「(建物や土地に)水が入ること」とあります。自然災害、人的災害を問わず使用される言葉です。また、同じような意味を持つ言葉として「浸水」がありますが、「浸入」は水が入り込むことを指すのに対し、「浸水」は水が入り込む、物が水に浸るという二つの意味があります。

スポンサーリンク

侵入・進入・浸入の意味の違いとは?まとめ

今回は「侵入」「進入」「浸入」の三つの言葉の違いについて説明しました。共通する点として「入る」という意味がありましたが、入る方法が言葉によって随分違いましたね。(他者の権利などを)おかして入る「侵入」、進んで来て入る「進入」、水が入り込む「浸入」。同じ文字や似通った文字を使っていても、それぞれの言葉の意味は全く違うものでした。「侵入」と「浸入」は特に似通った文字ですが、水を表すサンズイを使った「浸入」を「水が入ること」と覚えておくとわかりやすいのではないでしょうか。次回「シンニュウ」を使う際には今回の説明を思い出し、正しく使用してくださいね。

スポンサーリンク