真偽と真義の意味の違い

今回は「真偽」と「真義」について学んでみましょう。「あれ?今回は違う読み方の漢字を説明するのかな?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。にんべんに「為(い)」の文字が使われているので「シンイ」と読みがちですが、「シンギ」が正しい読み方です。この二つの言葉について意味や使い方を説明します。

「真偽」と「真義」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「真偽」とは「本当か嘘か、または論理的に正しいか誤りかということ」とあります。真実の「真」と偽物・嘘を意味する「偽」という反対の意味を持つ語を組み合わせて作られた言葉ですが、それぞれの漢字がそのままの意味で使われていますので比較的わかりやすい言葉だといえるでしょう。

「真義」とは「本当の意義・真意」とあります。自分や他者などの本当の存在価値などという意味でも使われています。

この場合はどっちの「シンギ」?具体的な使用例を紹介!

・情報の「シンギ」を確かめることはとても重要だ
この場合は「真偽」が正解です。その情報が本当か嘘かを確かめようとしているので、この場合は「真偽」が正しい使い方になります。

・先生の「シンギ」はわかりづらいが、深く考えれば理解できるだろう
この場合は「真義」が正解です。先生の真意という意味で使われていますので、この場合は「真義」が正しい使い方になります。

真偽と真義の意味の違いとは?まとめ

「真偽」と「真義」の二つの言葉についてご理解いただけたでしょうか。二つの言葉は意味が全く異なるだけでなく、同じ「真」の文字を使ってはいますが、「真偽」は真実と偽物という反対語によって成り立っている言葉であるのに対し、「真義」は真実と意義という二つの言葉が合わさり成り立っている言葉であり、成り立ちの部分でも違いがあります。同じ漢字、同じ読み方をする言葉でも、成り立ちが違うと意味も全く違うものになります。他にも同じような言葉があるのでしょうか。ぜひ調べてみてくださいね。

スポンサーリンク