召集と招集の意味の違い

今回は「召集」と「招集」の二つの言葉について説明します。「召集」と「招集」は「主席」と「首席」のようにとても似通った意味を持つ言葉と言えるでしょう。特にこの二つの言葉は現在ではほぼ「招集」という言葉で統一されていますが「召集」を使い場面もあります。今回はこの二つの言葉について学んでみましょう。

「召集」と「招集」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「召集」とは「召し集めること。国会議員に対し一定の期日に各議員に集会することを、天皇が内閣の助言・承認によって命ずること。また、戦時その他の必要によって在郷軍人を軍隊に召し集めること」とあります。

「招集」「招き集めること、招いて集まるように促すこと」とあります。「召集」は人を呼び寄せるという意味の尊敬語「召す」という言葉が使われており、自分より身分の低い人間を呼び寄せる場合に使われます。近年では主に天皇が国会議員などを集める場合のみ「召集」という言葉が用いられ、その他の場合は「招集」という言葉が使われています。

この場合はどっちの「ショウシュウ」?具体的な使用例を紹介!

・補正予算審議のため臨時国会が「ショウシュウ」された
この場合は「召集」が正解です。国会の開会は内閣の閣議で決定されますが、天皇の名の下に召し集めていますので「召集」が正しい使い方になります。

・社内の予算会議のため、メンバーが「ショウシュウ」された
この場合は「招集」が正解です。上記の国会召集と集めるという意味では同じですが、社内の会議は上役が招き集めていますので「招集」が正しい使い方になります。

召集と招集の意味の違いとは?まとめ

「召集」と「招集」の使い方の違い、いかがでしたか。二つの言葉は共に「集める」という意味で使われており、言葉自体はほぼ同じ意味だと言えます。しかし、天皇の名の下で人を集める場合は尊敬語である「召す」を使用した「召集」という言葉が使われていることがわかりました。ですので、私たちが普段人を集める時に使う場合は「招集」という言葉を使用すれば間違いないでしょう。

スポンサーリンク