召喚と召還の意味の違い

今回は「召喚」と「召還」の二つの言葉について説明します。この二つの言葉は似通った意味や使い方をする言葉ですが、少し違う部分もあります。今回は間違いやすい「召喚」と「召還」という言葉について詳しく学び、使い分けられるように理解しましょう。

「召喚」と「召還」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「召喚」とは「裁判で被告人・証人・弁護士・補佐人に対し、一定の日時に指定した場所に来るよう命ずること。または、招き呼び寄せること」とあります。

また「召還」とは「(派遣したものを)呼び戻すこと」とあります。
「召喚」は法曹界でよく使われる言葉であると同時に、「召還」と同様に「呼び寄せる」という意味があることがわかります。ただし、「召還」は派遣した者を呼び戻すという意味で使われるのに対し「召喚」は派遣した相手を呼び戻すというよりも、単純に招くという意味合いで使われていますので、二つの言葉には意味の違いがあることがわかります。

この場合はどっちの「ショウカン」?具体的な使用例を紹介!

・弁護側の証人として裁判所から「ショウカン状」が届いた
この場合は「召喚」が正解です。裁判などの法曹界では呼び出し状のことを「召喚状」と言います。最近ではゲームなどでその場にいないキャラクターなどを呼び出す場合にも「召喚」という言葉が使われているようです。

・アメリカに派遣した職員を本国に「ショウカン」する
この場合は「召還」が正解です。アメリカに派遣した職員を本国に呼び戻すという意味で使用していますので「召還」が正しい使い方になります。

召喚と召還の意味の違いとは?まとめ

「召喚」と「召還」には共に「呼び寄せる、呼び出す」という意味がありましたが、その中でも派遣した人物を呼び戻すという場合は「召還」を使うということがわかりました。また「召喚」は特に法曹界で広く使われている言葉です。この言葉を使う場合は呼び寄せるのか、招くのかを考え、使い分けてみると良いでしょう。

スポンサーリンク