修行と修業の意味の違い

今回は「修行」と「修業」の二つの言葉について説明します。「修行」は「シュギョウ」と読み「修業」も同じく「シュギョウ」と読む場合もありますが、「シュウギョウ」と読む場合も多いです。読み方の他にも二つの言葉には意味に違いがあり、また共通点もあります。

「修行」と「修業」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「修行」には3つの意味があり「悟りを求めて仏の教えを実践すること」「一切の欲望を断って心身を鍛錬・浄化すること」「技芸などを磨き練って自己を鍛えること」とあります。

それに対し「修業」とは「学芸・技芸を習い修めること」とあります。元々は「行」という仏教用語から派生した「修行」という言葉は、主に「悟りを求めて実行する行い」という意味合いの場合に使用されます。そして「修業」は学問や技能を会得した場合に使用されますので、二つの言葉には大きな違いがあることがご理解いただけることでしょう。

この場合はどっちの「シュギョウ」?具体的な使用例を紹介!

・彼は大学卒業後出家し、「シュギョウ」僧となった
この場合は「修行」が正解です。仏門に入り、悟りを求めて仏の教えを実践している「修行僧」は「行」を「修める」という意味の「修行」が正しい使い方になります。

・花嫁「シュギョウ」のために、料理教室に通っている
この場合は「修業」が正解です。この場合の「修業」は「シュギョウ」と読みますが、仏教の行ではなく、技術を習い修める意味で使用していますので「修業」が正しい使い方になります。

・高校の全課程を「シュウギョウ」し無事に卒業した
この場合も同じく「修業」が正解です。この場合の「修業」は「シュウギョウ」と読みますが、意味は花嫁修業と同じく、学問を習い修める意味で使用しています。

修行と修業の意味の違いとは?まとめ

二つの言葉は全く違った意味を持つ言葉だということがご理解いただけたことでしょう。仏教用語から派生した「修行」と、技術を習い修める意味で使用される「修業」、そして「修業」という言葉も使い方によって「シュギョウ」「シュウギョウ」と読むことがわかりました。二つの言葉の意味を正しく理解し、使用する際には気を付けましょう。

スポンサーリンク