修正と修整の意味

今回は「修正」と「修整」の意味の違いを学んでみましょう。この二つの言葉はどちらも「なおす」という意味を持つ「修」という文字を使用していることから、何かを直す、正すという意味を持つ言葉だということがわかります。似通った意味を持つ二つの言葉の使い分け方や意味の違いなどを説明します。

「修正」と「修整」の具体的な意味の違い

まずは二つの言葉、それぞれの意味を説明します。
「修正」とは「よくない点を改めること」とあります。

そして「修整」「手を加えて、直し整えること」とあります。

もう少し噛み砕くと、「修正」は「正しくない点、間違っている点を直す」ことであり、「修整」は「(写真などに)手を加えて、(きれいな状態に)直し整える」と考えて良いでしょう。「修正」の場合は間違いを正す、そして「修整」はきれいな状態に直す意味があり、二つの言葉には明確な意味の違いがあることにお気づきいただけたことでしょう。

この場合はどっちの「シュウセイ」?具体的な使用例を紹介!

・このレポートの間違っている部分を「シュウセイ」する
この場合は「修正」が正解です。間違っている、良くない点を正すのですから「修正」が正しい使い方になります。
・アプリを使って画像を「シュウセイ」する
この場合は「修整」が正解です。画像に手を加え、よりきれいな状態に直すという意味で「シュウセイ」という言葉を使用する際には、「修整」が正しい使い方になります。

修正と修整の意味の違いとは?まとめ

「修正」と「修整」の意味や使い方の違いはお分かりいただけたでしょうか。二つの言葉は「直す」という共通点はあるものの、直す意味には違いがあることがわかりました。「修正」は間違いを直して正す場合に使用し、「修整」は手を加えて整えるという意味があります。次に「シュウセイ」という言葉を使う場合は、自分がどちらの意味で「シュウセイ」という言葉を使用するのか考えながら使ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク