時期・時機・時季の意味の違いとは?

今回は「時期」と「時機」と「時季」の三つの言葉の意味の違いを説明させて頂きます。三つとも「時間」にまつわる言葉であることは分かると思いますが、どういった場面で使い分けるのが適切なのでしょうか。その違いを分かりやすく説明していきたいと思います。

1.「時期」の意味

まずは、「時期」の意味から説明させて頂きたいと思います。「時期」「事を行うための期間。ある区切られた時。」とあり、ある物事を行うタイミングと言い換えると分かりやすいかと思います。今回紹介する三つの言葉では、最も使われる機会が多い言葉なので、必ず覚えておくことをお勧めします。

2.「時機」の意味

続いて、「時機」の説明です。「時機」「あることをするのに適したとき。しおどき。」とあります。やはりこれも、「時期」と類似した言葉ですが、違いとしては「適したタイミング」であるということです。ただ単に機会を示すだけでなく、より良いタイミングの場合に使われるということです。

3.「時季」の意味

最後に、「時季」の説明です。「季節。特に、1年のうち、そのことが盛んに行われたり、そのことに最もふさわしかったりする時期。シーズン。」のことを「時季」と呼びます。三つの言葉の中では、最も使用する機会が少ないのではないでしょうか。こちらもタイミングに関する言葉であることは間違いありませんが、特に季節に影響される場合に使うのが適切です。クリスマスや、花見、夏祭りから花火、紅葉など、季節に影響されるイベント毎に対して使われることが一般的です。

時期と時機と時季の意味の違いとは?まとめ

「時期」と「時機」と「時季」の意味の違い、理解頂けたでしょうか。いずれもタイミングに関する言葉でしたが、それぞれ若干ニュアンスが異なることが理解頂けたかと思います。場面に応じて、正しく使い分けて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク