作成と作製の意味の違い

今回は「作成」と「作製」の言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。「制作」と「製作」の意味の違いなど、作ることに関して類似した言葉は多数あります。理解してもすぐ忘れてしまうことが多い言葉ですが、噛み砕いて説明していきたいと思うので、良ければ改めて覚えていって下さい。

1.「作成」と「作製」の基本的な意味の違い

まずは、メインである二つの意味の違いがどういう点であるか、分かりやすく紐解いていきましょう。
「作成」「主に書類や計画などを作りととのえること。」とあります。

それに対して「作製」「機械や道具を使って物を作ること。また、芸術作品などを作り出すこと。製作。」とあります。これを見ると、どちらも作り出すことに違いはないようですが、その明確な違いのポイントは「物質であるか」というところです。「作製」は説明の通り、機械など具体的に触ったりすることのできる物を作り出す場合に使います。ですが、「作成」は文書などのデータなどを作り出す場合に使うことができるというわけです。

2.この場合はどっちの「サクセイ」?具体的な使用例を紹介!

・自由研究はダンボールで「サクセイ」したものを提出した。
この場合は「作製」が正解です。実際に触ることのできるダンボールを用いて作り出している為、データなどに使われる「作成」は使いません。

・資料をワードを使って「サクセイ」した。
この場合は「作成」が正解です。資料は文書などのデータを用いて作り出すため、「作成」を使うのが適切でしょう。

作成と作製の意味の違いとは?まとめ

「作成」と「作製」の意味の違い、理解頂けたでしょうか。毎回、意味の違いが混合してしまう言葉ですが、改めて覚えて頂けたかと思います。資料作成などは社会人になると、当たり前のように行うことなので、今回を機に意味の違いを覚えていってください。

スポンサーリンク