再生と再製の違いとは?

今回は「再生」と「再製」の言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。どちらもよく耳にする言葉ですが、具体的にどういった時に使い分けるか聞かれると難しいところだと思います。明確な意味の違いに加えて、具体的にどういった言葉が存在しどういった時に使われるのか、深く掘り下げていきたいと思います。

1.「再生」と「再製」の基本的な意味の違い

まずは「再生」と「再製」の意味を個々に見ていき、違いを明確にしていきましょう。
「再生」「衰え、または死にかかっていたものが生き返ること。蘇生 (そせい)。」とあります。

それに対して「再製」「一度製品となった物、または廃物となった物を加工して、別の製品につくりなおすこと。」とあります。一見すると同じ言葉であるように思えますが、「元の状態」に復活する場合を「再生」、新たに生まれ変わって復活する場合を「再製」と呼びます。また、「再生」には「心を改めて正しい生活に入ること」という、「更生」と似通った意味でも使うことができるようです。

2.「再生」「再製」はどんな時に使われる言葉?よく使われる場面紹介

では具体的にどんな時に使われ、どんな言葉があるのか紹介していきたいと思います。

まず「再生」はiPS細胞などで有名になった「再生医療」、経済の言葉で地方の活性化を図る「地域再生」などがあります。

「再製」は再製された戸籍の前の戸籍について証明する書類である「再製原戸籍」、新たに作り直した服である「再製服」などがあります。

再生と再製の意味の違いとは?まとめ

「再生」と「再製」の言葉の意味の違い、理解頂けたでしょうか。先ほども説明したように、iPS細胞などで使われる「再生医療」という言葉があったり、社会的な言葉である「再製原戸籍」など現在においても両者ともに重要な言葉に使われることが分かります。今回、一部の言葉を紹介させて頂きましたが「再生」を使った言葉に関しては、まだまだ数えきれないほどあります。ぜひ興味が沸いたら、更に知識を深めて今後に役立ててみて下さい。

スポンサーリンク