誤診と誤審の意味の違い

今回は「誤診」と「誤審」の言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。どちらも「何かを誤った」意味を持つ言葉であることが漢字から推測できますが、具体的にどんな場面で使われるのでしょうか。漢字の意味に加えて、使用される場面を具体的に見ていきましょう。

1.「誤診」の意味

まずは「誤診」の説明からさせて頂きたいと思います。「誤診」「医師が診断を誤ること。またその診断内容」とあります。つまり、医者が健康状態や病気の種類などを誤って判断することを意味します。「診」の字が、「診察」や「診断」の意味を持っていることが分かりますね。一昔前に比べると、現在の医療技術はかなり高まったと言えますが、人間が人を診る限り、誤った診断は数多いのが事実です。主に医療に関連して使われる言葉であることを覚えておきましょう。

2.「誤審」の意味

続いて「誤審」の言葉の意味を説明していきたいと思います。「誤審」「競技や裁判などで、審判・判定を誤ること。また、その審判」とあります。この説明を見て頂いても分かる通り、主に「競技」と「裁判」の二つの場面で使用される言葉であることが分かりますね。ルールに沿って行われるスポーツ競技においては、そのシビアな判定は審判の判断に委ねられます。スポーツではビデオ判定などを通して誤審を避ける取り組みが行われています。裁判などにおいては、「死刑制度」と「誤審」の問題を巡って、「死刑存廃問題」という社会の課題があり、深刻なテーマのキーワードの一つになります。

誤診と誤審の意味の違いとは?まとめ

「誤診」と「誤審」の言葉の意味の違い、理解頂けたでしょうか。どちらも、使用される場面から、大きな社会問題のキーワードとなっていますが、いずれも「人間の誤り」を表現した言葉です。「誤診」と「誤審」の意味の違いを理解した上で、更に関連した知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク