個人・故人・古人の意味の違い

今回は「個人」「故人」「古人」の三つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。「古人」はさておき、「個人」と「故人」については社会に出ると、一層使用する頻度の高い言葉かと思います。言葉の意味から、使用する場面まで分かりやすく説明していきたいと思います。

「個人」の意味

まずは「個人」の意味から説明させて頂きます。「個人」は「国家や社会、ある集団に対して所属する個々の人。また、地位や身分などと切り離した一人の人間」とあります。普段言葉を使う上で意識したことはないかもしれませんが、この「個人」という言葉は説明を見て頂いても分かる通りに、「集団」の存在を前提として使える言葉であることが分かります。「集団」という大きな括りがあり、その要素の一つとして「個人」という言葉が使われます。つまり、「国家」の構成要因である私たちは、社会に出るとそれなりに「個人」という言葉を使わざるを得ないことが分かります。

「故人」の意味

故人」は「亡くなった人。昔の友人」という意味があります。こちらも冠婚葬祭では欠かせない言葉でしょう。まず「故」という言葉に、「過去」の意味が含まれている為、二つ目の「昔の友人、旧友」という意味を持つことが分かります。よく使われる「亡くなった人」という意味でも注意すべきことがあります。ただ単に、「亡くなった人」ではなく、「亡くなった」という事実を伝えることが重要である場合に使われます。つまり、亡くなった事実が当然である昔の偉人などには使われないわけです。

「古人」の意味

古人」は「昔の人。また昔の優れた人」という意味があります。漢字を見れば分かる通り、そのままの意味です。対義語には「今人(こんじん)」という言葉があり、「今の世の人」という意味を持っています。

個人と故人と古人の意味の違いとは?まとめ

以上が「個人」「故人」「古人」の意味の違いの説明になります。普段何となく使用している「個人」という言葉も、集団を前提とする概念であり、意味を掘り下げていくと様々な発見があって面白いです。インターネットがある現在では、言葉の意味を調べることは容易なので、この機会に気になった言葉を調べてみるのも面白いでしょう。

スポンサーリンク