荒野と広野意味の違い

今回は「荒野」と「広野」の言葉の意味の違いについて説明したいと思います。どちらも何となく意味を知っている言葉かと思うので、それぞれの言葉の意味を、より深く掘り下げたいと思っています。ぜひこの機会に知識を深めていってください。

「荒野」と「広野」の基本的な意味の違い

まずは、二つの言葉の基本的な意味の違いを見ていきましょう。まず「荒野」はそのままですが、「荒れた野」という意味があります。それに対して「広野」は「広々と開けた野原」という意味があるようです。両者共に、野原のことを示した言葉であることが分かりますが、決定的な違いはその「状態」なようです。その野原が荒れている場合には「荒野」、ただ広々とした野原である場合には「広野」を使うのが適切であることが分かります。

プラスアルファで覚えておきたい類似する言葉たち

「荒野」と「広野」の意味の違いについて説明させて頂きましたが、今回のパターンによく似た例が存在するので説明していきたいと思います。それが、「荒原」と「広原」と「高原」です。「荒原」と「広原」に関しては、先ほどの「荒野」と「広野」の説明同様、全く同じ意味を持ちます。なので、表現の一つとして覚えておくのが良いでしょう。更に、今回の説明で加わった「高原」は「海抜高度が高い平原」とあります。これも、平原や野原の説明であり、先ほどの意味の違いの説明同様に、「状態」に違いがあることが分かりますね。

荒野と広野の意味の違いとは?まとめ

今回、「荒野」と「広野」の言葉の意味の違いに加えて、「荒原」「広原」「高原」の意味も説明させて頂きました。土地に関する言葉は非常に多く、表現も多彩なので、この機会に複数覚えておくと良いと思います。類似する言葉も多いですが、その土地の「状態」によって使い分けることが重要になります。その部分を意識して日常でも使い分けてみて下さい。

スポンサーリンク