交付と公布の意味の違い

今回は「交付」と「公布」の意味の違いについて説明していきたいと思います。この二つの言葉、意味は明確に違いますが、それぞれ社会において重要な役割を持つ言葉なので、深く掘り下げていきたいと思っています。ぜひ、知識を身につけていってください。

「交付」の意味

まずは「交付」の意味から説明していきたいと思います。「交付」は「役所や機関などが、一定の手続きを踏んだ人に金銭を供与したり、書類などを発行したりすること」とあります。財政援助などの目的で使われる「交付金」という言葉がありますが、つまり役所などで手続きを通して得たお金のことです。主に文書やお金について使われる言葉で、「給付」などと言い換えることもできます。保険金や年金、運転免許証など生きていれば「交付」される場面に多数遭います。社会に出たら特に耳にする言葉なので、知っておくと良いでしょう。

「公布」の意味

続いて、「公布」の意味を説明していきたいと思います。「公布」は「成立した法令の内容を広く一般に周知させるために公示するおこない」とあります。ざっくりと言えば、公けに知らせるといった意味と言えます。中学校などで社会の勉強をしていると、法律の「制定」「公布」「施行」という単語をよく聞くでしょう。「制定」の段階では、法律の内容が決まったのみで、具体的な詳細を国民は知りません。「公布」の段階を経て、ようやく国民が内容を知れるというわけです。そしてその法律を、「施行」で実際に行うという流れがあります。「公布」という言葉を覚える上で、セットで覚えておくと良いでしょう。

交付と公布の意味の違いとは?まとめ

「交付」と「公布」の意味の違い理解頂けたでしょうか。社会全体の仕組みを知るためには、この二つの言葉は欠かせない言葉です。基本的な意味を知り、更なる知識の吸収に役立てて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク