交代と交替の意味の違い

今回は「交代」と「交替」の言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。相互に類似する意味は持ち合わせていても、それぞれ使う場面が異なります。とてもややこしい二つですが、分かりやすくまとめていくので是非見ていってください。

「交代」と「交替」の基本的な意味の違い

まずは、それぞれどういう意味で説明されているのか見ていきましょう。「交代」は、「役割や位置などが一回限りでかわること」とあります。それに対して、「交替」は「役割や位置などが繰り返しかわること」とあります。この説明を見て頂いても分かる通りですが、この二つの言葉の違いは「回数」であることが分かります。かわるのが一回きりとされる場合には「交代」を、繰り返し何度もかわる場合には「交替」を使うのが適切なようです。

「交代」と「交替」の具体的な使用例

では、具体的にはどういった時に使われているのか見ていきましょう。

「交代」の場合

・それそろ世代交代の時期だ
・監督の指示で選手を交代した

スポーツの場合は特に「交代」を使うようです。また、世代など次の人が同じ役割を担う場合には、「替わる」よりも「代わる」が適切です。

「交替」の場合

・勤務時間を終えたので、次の人に交替する
・朝まで交替で見張ろう

人から人へ同じ役割がかわる場合でも、繰り返しかわる時には「交替」が適切です。朝まで見張る場合にも、繰り返し役割を担う為、「交替」が良いでしょう。

交代と交替の意味の違いとは?まとめ

「交代」と「交替」の意味の違い、理解頂けたでしょうか。繰り返しかわる場合と、一回きりかわる場合もどちらの状況も想定できる場合であったり、また「参勤交代」のように意味としては「交替」が適切ですが、歴史的に「交代」を使用している例もあります。明確に分けて利用される場合は少ないかもしれませんが、ぜひ知識の一つとして覚えておいてください。

スポンサーリンク