厚生・更生・後世・後生の意味

今回は「厚生」「更生」「後世」「後生」の四つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。「厚生」と「更生」は、ニュースなどの社会面において、「後世」と「後生」は時代や人など壮大に語る上で欠かせない言葉なので、ぜひこの機会に知識を増やしていってください。

「厚生」の意味

まずは「厚生」の意味から説明していきたいと思います。「厚生」とは「人々の生活を健康で豊かにすること」とあります。社会面でよく耳にする言葉としては、生活の保護や向上を目的とする「厚生労働省」、会社が従業員の生活などを援助する目的の「福利厚生」などがあります。

「更生」の意味

更生」は、「好ましくない態度が改まること、生活などを改めること」という意味があります。単に「生き返ること、よみがえること」という意味もあるようですが、実際に使われるのは前者の意味でしょう。罪を犯した人が再犯しないように、意識や行動を改めるときに「更生」がよく使われます。

「後世」と「後生」の意味

続いて、「後世」と「後生」の意味と違いについて説明したいと思います。まずそれぞれ説明していくと、「後世」が「のちの世。自分たちの生きている世の後の時代」のことで、「後生」が「あとから生まれること、あとから生じること」という意味があります。「後世」が時代を指すのに対して、「後生」は人に焦点を当てていることが分かりますね。今説明しているのはあくまで「後生(こうせい)」なので、「後生(ごしょう)」だとまた意味合いや使う場面が異なってくるので注意しましょう。

厚生・更生・後世・後生の意味の違いとは?まとめ

今回「厚生」「更生」「後世」「後生」四つの言葉の意味の違いについて説明していきましたが、それぞれ理解して頂けたでしょうか。四つのうち、特に「厚生」は社会に出るとよく使われる言葉なので、重要な言葉として更に知識を深めておくと良いと思います。

スポンサーリンク