広告・公告・抗告の意味の違い

今回は「広告」と「公告」と「抗告」の三つの言葉の意味の違いについて説明していきたいと思います。インターネットが欠かせない現在では、「広告」という言葉は幾度となく耳にしているのではないでしょうか。それに対して「公告」と「抗告」はより社会に通じた言葉なので聞いたことない方も多いかと思います。この機会に、三つの意味を覚えていきましょう。

「広告」の意味

まずは、「広告」の意味について説明していきたいと思います。皆さん知っているかもしれませんが、改めて説明すると「人々に関心を持たせて購入させるために、メディアを通して商品を宣伝すること」とあります。「広く世間に告げること」という基本的な意味も持っています。テレビやインターネットなど、新聞などの紙媒体に限らず様々なメディアを通じて宣伝をすることを言います。駅のホームや電車の中吊り、新宿アルタの大型スクリーンなど、街には「広告」が溢れています。

「公告」の意味

公告」は「政府・公共団体がある事項を広く一般に知らせること」という意味があります。広く世間に告げるという意味では、「広告」と類似した言葉ではありますが、こちらは法令上の根拠に基づいているもので、公的な性質を持つという面で大きく異なります。

「抗告」の意味

抗告」は「日本の司法制度における不服申し立ての一つ」という意味があります。聞き慣れない言葉だとは思いますが、「上告」「控訴」など裁判でよく使われるこの二つの言葉と、同列の言葉だということを覚えておくと良いでしょう。

広告・公告・抗告の意味の違いとは?まとめ

「広告」と「公告」と「抗告」の意味の違い理解頂けましたか。「広告」は知っていても、「公告」「抗告」は初めて聞いたという方も少なくないのではないでしょうか。この二つの言葉は、掘り下げていくと司法制度や法律のことについて更に深い知識を身につけることができるので、良かったら調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク