好意・厚意・行為の意味の違い

今回は「好意」と「厚意」と「行為」の三つの意味の違いについて説明していきたいと思います。基本的に、「行為」と他二つの意味の違いは分かると思いますが、「好意」と「厚意」は大人でも意味の間違えやすい言葉です。この機会にぜひ理解を深めていってください。

「行為」の意味

行為」は「ある考えを持って行う行動」のことを意味します。少し話は逸れますが、ある考えを持って行うという点が重要で、無意識の行いの場合は「行動」を使うことを覚えておくと良いでしょう。

「好意」と「厚意」の基本的な意味の違い

次に類似した意味を持つ「好意」と「厚意」の意味の違いについて説明したいと思います。まず、それぞれの基本的な意味から見ていきましょう。好意「その人に抱く親しみや好ましく思う気持ち」とあります。厚意「思いやりのある心」と説明されています。やはり類似した意味であることは間違いないようです。まずこの二つの言葉の共通点としては、「思いやりの気持ち」の意味を持つということです。ただし、この二つには明確な違いがあります。まず、「好意」は相手に対しての愛情があることをベースとしています。それに対して、「厚意」は相手への愛情を必要とせず、愛情を含まない思いやりのある行動も、説明することができます。また、「好意」は自分からの気持ちを説明する場合に、「厚意」は相手がしてくれたことに対しての気持ちとして使うことができます。「愛情の有無」、「使う対象」この二つが明確な意味の違いと言えるでしょう。

好意・厚意・行為の意味の違いとは?まとめ

「好意」と「厚意」と「行為」の意味の違い理解頂けたでしょうか。「好意」と「厚意」は相手に対して使えるか、自分に対して使えるか、という点で、誤って使うと恥ずかしい意味になってしまうこともあります。日常でも頻繁に使用する言葉なので、今後意識してみてください。

スポンサーリンク