共同と協同意味の違い

今回は「共同」と「協同」、二つの意味の違いについて説明したいと思います。この二語は、使うシチュエーション・内容がとても類似していて、正しい使い方が分かりづらい言葉であると思います。誤解を生むような場面は少ないかもしれませんが、この機会に適した使い分けをできるようにしていってはいかがですか。

「共同」と「協同」の基本的な意味の違い

この二つの言葉は共通性のある言葉なので、互いに同じ意味も含んでいます。まずはその部分から説明していきたいと思います。この「共同」と「協同」どちらにも共通する意味が、「一緒に力を合わせて事を行う」です。では、具体的にどういった違いがあるのでしょうか。まず、分かりやすく説明するため、「協同」の方から説明させて頂きます。こちらの「協同」は、「協力」の「協」の字から連想できるように、力を合わせる意味合いが強いです。また、それぞれ違った能力を持った人たちが、ある目的の為に一致団結するといった感じです。精神面での繋がりが強いチームであるのも、こちらの「協同」の特徴の一つです。
では、「共同」はどうでしょうか。こちらは、「同じ立場や条件で事を行う」という意味合いが強く、精神的な結びつきが「協同」に比べると希薄なことが分かります。同じ条件でことを行うという意味から、「共同生活」など、強い目標というよりは「一緒に何かをする」といった意味が強いのが、この「共同」という言葉の特徴の一つです。

この場合は、どっちの「キョウドウ」を使う?具体的な使用例

・「キョウドウ」開発に取り組む
この場合は「協同」が正解です。様々な知識や技術を集約して取り組む「開発」においては、「協同」の方がニュアンスとしては近いです。ただし、「共同」も間違えではありません。

・たまには「キョウドウ」浴場を利用する
この場合は「共同」が正解です。単に、同じ条件で何かをするという意味で使われているので、チームなどを組んで同じ目的に取り組む「協同」とは異なります。

共同と協同の意味の違いとは?まとめ

「共同」と「協同」の意味の違いお分かり頂けたでしょうか。ほとんどの場合は、どちらの言葉も適用できる場合が多く、明確にどちらかが誤用と言えるわけではありません。基本的な知識として覚えていって下さい。

スポンサーリンク