強制・強請・矯正意味の違い

今回は「強制」と「強請」と「矯正」の意味の違いについて説明させて頂きます。「矯正」については、他の二語と比べると意味が明確に違い、とても理解しやすいのですが、「強制」と「強請」が類似した部分があり、ややこしいです。「強請」という言葉は使う機会も少ないかと思いますが、三つの違いについて正しく理解していきましょう。

「矯正」の意味

まずは、説明上分かりやすい「矯正」の意味の説明からさせて頂きます。よく耳にする言葉では、歯医者などで使われる「歯列矯正」でしょう。この「矯正」は、「欠点などを正しく改めさせること、まっすぐな状態に直すこと」という意味があります。つまり、「歯列矯正」は、ガタガタの歯の並びを真っすぐな状態に直すという意味ですね。また、欠点などを正しく改めさせることという意味から、少年院や刑務所などで更生のために行う処遇のことも指します。

「強制」と「強請」の基本的な意味の違い

それでは、「強制」と「強請」の意味の違いを説明させて頂きたいと思います。まず、特に日常生活でもよく使う「強制」の意味です。「ある力によって、ある事を無理やりさせる」という意味があります。強引に制限をかけるといったニュアンスです。では「強請」はどういった意味なのでしょうか。こちらは「無理に頼むこと」という意味があります。「無理やりさせる」までの意味を持たないのが特徴ですね。子供が欲しいものを買ってほしい時に、お願いすることを「ねだる」と言いますが、これは漢字だと「強請る」と書きます。「無理を頼む」といった意味で使われていることが分かりますね。

強制・強請・矯正の意味の違いとは?まとめ

「強制」と「強請」と「矯正」の意味の違いお分かり頂けたでしょうか。「強要」や「強引」など、発音は違くても似たような意味のある言葉はまだまだあります。この機会に、更に意味の違いを深めていってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク