驚異と脅威の意味の違い

今回は「驚異」と「脅威」の意味の違いについて説明したいと思います。どちらも壮大な感じのするこの言葉ですが、間違って使うと相手に誤解を与えてしまう可能性があるので注意したい言葉です。分かりやすい例文も含めながら紹介していきたいと思います。

「驚異」と「脅威」の基本的な意味の違い

まずは二つの基本的な意味の違いについて見ていきましょう。

「驚く」と「異なる」という漢字を使う「驚異」ですが、こちらは「驚き不思議がること、驚くほど素晴らしい事柄」などといった意味を持ちます。「奇跡」的なことが起きたときに使うのが、この「驚異」の特徴になります。
では、それに対して「脅かす」と「威す(おどす)」という漢字を使う「脅威」はどういった意味なのか?こちらは、「強い力や勢いで脅かすこと、また脅かされて感じる恐怖」のことを意味します。「勢力」的なものであったり、またそれに対して危機を感じる場合に使うと、覚えておいて良いでしょう。
この二つの言葉をイメージとして覚えておくのに注目すべきは、プラスの意味かマイナスの意味か、という点です。「奇跡」をキーワードとした「驚異」はプラスの意味、「勢力」的なものに対しての恐怖をキーワードとした「脅威」はマイナスの意味を、それぞれの特徴として覚えておくと分かりやすいです。

この文章ではどっちの「キョウイ」?具体的な使用例

・雄大な自然に「キョウイ」を体感した
この場合には「驚異」が正解です。奇跡的なものに対して、驚き不思議がっている様子が伺えるので、マイナスの意味合いを持つ「脅威」は使いません。

・核の「キョウイ」に怯えている
この場合には「脅威」が正解です。核という強い力に対して、恐怖を感じている様子が伺えます。つまり、マイナスの意味合いを持つ「脅威」が正解になります。

驚異と脅威の意味の違いとは?まとめ

いかがでしょうか。二つの言葉のイメージが大きく変わったかと思います。どちらも使う機会は少なくないので、ぜひ覚えておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク