規制・既成・期成意味の違い

今回は「規制」と「既成」と「期成」の意味の違いについて説明したいと思います。それぞれ意味が全く異なる言葉なので、誤用しないように注意しましょう。また、「規制」という言葉はニュースなどでもよく耳にする言葉だと思うので、ぜひ今回を機により知識を深めていって下さい。

「規制」の意味

まずは「規則」の「規」に、制限の「制」の字を用いる「規制」の説明をさせて頂きたいと思います。こちらは「従うべききまり、規定」という意味を持ちます。「ルール」という言葉に言い換えると分かりやすいかもしれません。「規」則によって物事を「制」限するので、漢字の通り「規制」であるということが分かりますね。

「既成」の意味

続いて、「既成」の意味を説明させて頂きたいと思います。
こちらは「既に出来上がっていること」という意味があります。ポイントとしては、出来上がっている「こと」であるということです。既に出来上がっている衣服などを説明したい場合には、「既製」という言葉が存在するので、使い分けに注意です。既に示されているものを「既出」というように、既に完成していることを「既成」と言います。ぜひ覚えていってください。

「期成」の意味

最後に、「期成」の意味です。
こちらは、先ほど説明した二つに比べると使う機会は少ないのではないでしょうか。「期成」とは、「ある物事を成し遂げることを決意すること」です。「期する」という言葉には、「前もって期限を定める」という意味があり、何か「成」し遂げることに対して「期」限を定めることが、「期成」という漢字のそれぞれの意味になります。

規制・既成・期成の意味の違いとは?まとめ

三つの言葉の意味の違い、ご理解頂けたでしょうか。漢字は様々に意味が転じて、用いる漢字そのままの意味を示してない場合も多いかと思います。ですが、今回は漢字の意味そのままが単語になったものが多く、とても分かりやすかったかと思います。それぞれの意味、ぜひ覚えておいてください。

スポンサーリンク