聞くと聴くの意味の違い

今回は「聞く」と「聴く」の意味にの違いについて説明したいと思います。同音異義語の中でも、「きく」という言葉は一番最初に戸惑う漢字の一つかと思います。知ってる人も多いかと思いますが、改めて二つの意味の違いを再確認していってください。

「聞く」と「聴く」の意味の基本的な違い

まずは基本的な意味の違いを説明していきたいと思います。どちらの「きく」も耳から音を受け入れていることに違いはありませんが、意味の違いはこの受け入れ方にあります。
まずは「聴く」という言葉に注目してみましょう。こちらの「聴く」は右下に心という漢字があります。つまり、耳に入ってくる声や音を意識的に聞くことを意味します。
では、「聞く」はどうなのかと言うと、こちらは特に音や声に意識していないので、なんとなく「聞こえた」ものの時に使います。では、具体的な使い分けを見ていきましょう。

この場合はどっちの「きく」を使う?具体的な使用例

・楽しみにしていたオーケストラの演奏を「キク」
この場合は「聴く」が正解です。楽しみにしていた音楽を聴くので、音を意識的に受け入れていることが分かります。また、音楽以外にも、話している相手の言葉を真剣に受け入れるときは「傾聴」という言葉を使い、この場合も「聴く」という漢字を使うことが分かりますね。

・外から雷の音が「キコエル」
この場合は「聞こえる」が正解です。特に、意識しているわけではなく、何となく耳に音が入ってきた場合には、「聴く」は使いません。

聞くと聴くの意味の違いとは?まとめ

「聞く」と「聴く」の違い、お分かり頂けたでしょうか?「聴く」には「心」という漢字が使われているため、積極的に音を受け入れいる様子が漢字からも分かりますね。「聞く/聴く機会」はとても多いと思いますので、ぜひ日常生活でも使い分けてみてください。

スポンサーリンク