温めると暖めるの意味の違い

今回は「温める」と「暖める」の意味の違いについて説明したいと思います。どちらも似たような意味であることは間違いないですが、使う状況や対象によって、漢字の使い分けが必要となる言葉です。具体的な例を交えながら、明確に違いを理解していきましょう。

「温める」と「暖める」の基本的な意味の違い

まずは辞書から、基本的な意味を見ていきます。「温める」は「物を熱すぎもせず冷たすぎない、程よい状態にする」という意味です。「暖める」は「寒すぎもせず暑すぎもしない程度に、気温を高める」という意味です。基本的には、程よい状態にするという意味で共通していますが、「アタタメル」対象によって使い分けが必要であることが分かります。

ではそれぞれの特徴とは何なのでしょうか。それはズバり、「体全体で感じる」か「体の一部分で感じるか」という点の違いです。寒い時などにエアコンを使ってあたためるときは、体全体で感じる気温に対して使用するため「暖める」を使います。それに対して、マグカップなど体の一部分で触れるものに対して、あたためるときには「温める」が正しくなります。また、心に対して使うときも「温める」を用いるのも特徴です。

スポンサーリンク

この場合はどっちの「アタタメル」が正しいの?具体的な使用例

・寒いので部屋を「アタタメル」
この場合は「暖める」が正解です。気温は体全体で感じるものなので、「暖める」を用います。

・コンビニでお弁当を「アタタメル」ことにした
この場合は「温める」が正解です。お弁当は体全体で感じるものではなく、手で触って感じる程度です。なので、「温める」が正しい方法になります。

温めると暖めるの意味の違いとは?まとめ

「暖める」と「温める」の違いお分かり頂けたでしょうか。分かりやすく、嚙み砕いて説明したつもりですが、違いが分かりにくいことには変わりがないと思います。それぞれ「暖かい」の対義語は「寒い」、「温かい」の対義語は「冷たい」なので、どちらが適語であるか当てはめながら考えてみて下さい。

スポンサーリンク