感心・関心・感心意味の違い

今回は「感心」と「関心」と「歓心」の三つの言葉の意味の違いについて説明させて頂きたいと思います。いずれも心に関する言葉であることには間違えありませんが、正しく使い分けできますか?個別に意味を理解していきましょう。

「感心」の意味

まず、「感心」は「優れた行動に心を動かされること」を意味します。息子が勉強をしている姿を見て、父親が「感心するなあ」と言うような感じで使われます。また、逆説的に利用することもあります。「酷すぎて感心する」というように使われている場合には、「あきれること、びっくりすること」という意味を持ち、揶揄した表現であることが伺えますね。

「関心」の意味

続いては「関心」の意味です。これは「興味」という言葉に置き換えると分かりやすいです。「ある物事に心を引かれ注意を向けること」という意味があり、「関心を持つ」「関心を抱く」といったように使われます。「好奇心がそそられる」や「興味を持つ」、「感興を覚える」といった言葉も同じ意味を持つので、イメージに合うものを状況に合わせて使い分けると良いと思います。

「歓心」の意味

最後の「歓ぶ」という漢字を使うこちらの「歓心」は、漢字の通り「喜ぶ気持ち、嬉しいと思う心」を意味します。また、「歓心を買う」という言葉は相手に喜んでもらおうとするという意味から、「人の機嫌を取る、人の気に入るように努める」という意味があります。「歓心を得る」という表現もあるので、こちらも状況に合わせて使い分けることをお勧めします。

感心・関心・感心の意味の違いとは?まとめ

「感心」と「関心」と「歓心」、意味の違いご理解頂けたでしょうか?意味がそれぞれ異なる他にも、様々な表現があることを学んで頂けたかと思います。同じ意味合いでも語感や相手、また状況によってもそれぞれイメージが異なるので、自分に合った表現に役立てて頂けますと幸いです。

スポンサーリンク