過程と課程の意味

今回は過程課程の違いについて説明したいと思います。
それぞれ似ているようで違う言葉だということはご存知かと思いますが、具体的にどこが違うのか、掘り下げてみてみましょう。

「過程」と「課程」の基本的な意味の違い

まず、どの年代の方でも使う機会の多いであろう、「過程」の説明から行いたいと思います。
この「過程」は、「プロセス」というと分かりやすいかもしれません。「ある目標や結果に辿り着くまでの道筋」のことを「過程」と言います。努力や行動をして、結果が出るまでの変化を指す言葉ですね。

では、「課程」はどうでしょうか?「ある目標に到達するまでの変化」という意味では、「過程」と同じ意味になりますが、こちらの「課程」は「学校などで期間内に割り当てた学習内容や道筋」のことを指します。それを「過程」と言い換えることもできるかもしれませんが、こちらの「課程」は学習に関しての言葉に絞られていて、より特定的な言葉であることが分かりますね。「教育課程」「博士課程」などという言葉を耳にすることがあるように、学問を修めるために必要とする単位や学習内容全体のことを「課程」と呼びます。

スポンサーリンク

こういう時はどっちを使う?具体例を紹介!

・どの「カテイ」で、失敗が起きたのかを調べる
この場合は「過程」が正解です。進行段階や変化に注目しているため、学習において使われる「課程」とは違うことが明らかです。

・教育「カテイ」に定められた授業
この場合は「課程」が正解です。教育における、学習内容や道筋を指し示している為、「課程」を使うのが適切です。

過程と課程の意味の違いとは?まとめ

「過程」と「課程」、類似した意味を持っている言葉ですが、意味が異なることご理解頂けたでしょうか?この記事の「過程」で、駄文がなければ幸いです。

スポンサーリンク