仮想と仮装の意味

今回は「仮装」と「仮想」の違いについて、説明していきたいと思います。この二つの言葉の意味は、理解している人が多いかと思われますので、それぞれについて深く掘り下げていきたいと思います。

「仮装」の意味

まずは、こちらの「仮装」です。「仮装」は「仮に姿を装うこと」を意味します。それが女性の姿なら「女装」、男性の姿なら「男装」などと言われます。普段、姿を変えることは少ないでしょうから、イベントやお祭りなどで用いられる言葉です。身近な例で言えば、ハロウィンでの仮装、また欽ちゃんなどが出演するテレビ番組の「仮装大賞」、ブラジルのカーニバルなどで奇抜な衣装をしているのも仮装と言えます。非日常的な場面では、欠かせないほど使われているのが、こちらの「仮装」です。

「仮想」の意味

仮に考えて想像すること」を意味するのがこちらの「仮想」です。英語に置き換えると「Virtual」と置き換えることのできるこの言葉は、近年欠かせない言葉となってきました。有名なところで言えば「VR」などがそれです。「VR」とはバーチャルリアリティーのことで、日本語では「仮想現実」と呼びます。仮に想像した世界を、現実のように感じることのできる技術のことです。その他にも、ビットコインなどをキーワードとする「仮想通貨」などもよく使われる言葉で、最近では日常生活で「仮想」という言葉を聞く機会は非常に多いと言えます。この「仮想」という言葉は、パソコンが登場し、インターネットが日常的に使われるようになった現代においては欠かせない言葉だということです。

仮想と仮装の意味の違いとは?まとめ

「仮装」と「仮想」の意味の違い、その使用場面について、理解して頂けたでしょうか?ハロウィンなど特別な場面で使われる「仮装」と、現代で日常的に使われる「仮想」ですが、特に「仮想」は知っておく必要のある言葉だと思います。特に、「仮想」という言葉の基本的な意味を理解して置くことは、現代社会においてとても役立つことだと思うので、この機会にぜひ覚えていってください。

スポンサーリンク