加重・過重・荷重の意味

「加重」と「過重」と「荷重」のこの三つの言葉。いずれも馴染みのない言葉かもしれませんが、すべて「カジュウ」と読み、重さに関する言葉になります。それぞれシンプルな意味なので、ここで覚えてみてはいかがでしょうか。

「加重」の意味

こちらの「加重」は漢字の示す通り、「重さを加え増すこと」を意味します。もっとくだけた言葉で説明するなら、どんどん重くしていくという意味です。ただ物理的に重くするといった意味もありますが、法律などでは刑を更に重くする、といった意味もあります。

「過重」の意味

こちらの「過重」は、「支えきれない程に重いこと」を意味します。引っ越しの時などに「重過ぎて持てない!」と言うことがあるかもしれませんが、その意味をまとめたのがこの「過重」です。漢字を見ていただいても分かる通り、重過ぎるということですね。

「荷重」の意味

この言葉が、三つの中では最も馴染みのない言葉かと思われます。この「荷重」は、貨物自動車などに乗っている荷物の重さなども意味しますが、複雑なのはもう一つの意味です。荷物の重さを意味する一方で、力学などで用いられる言葉でもあり、「物体の二点間の接する部分で発生する力のこと」も意味します。「負荷がかかる」という言葉を使うことがありますが、重さによって負荷がかかることが、この「荷重」の意味で分かりやすい説明になるかと思います。

また、この「荷重」は「カジュウ」の他にも「ニオモ」とも読むことができ、その場合は単に「荷物が重いこと」、「責任や負担が重すぎること」なども意味するので、文脈や場面によって、どちらの読み方が正しいのか理解するのも大切です。

加重・過重・荷重の意味の違いとは?まとめ

いかがでしたか?「加重」と「過重」はそのままでとても分かりやすいですが、「荷重」の意味が少し複雑ですね。いずれも利用できる場面は少ないかもしれませんが、知っていて損はないでしょう。正しく使い分け、誤りを与えない表現に繋がりましたら幸いです。

スポンサーリンク