科学と化学と歌学の違い

今回は「科学」と「化学」と「歌学」の同じ音を持つ、三つの言葉の違いについて説明していきたいと思います。「歌学」は覚えてしまえばそれまでの話かもしれませんが、「科学」と「化学」の意味の違い、説明できますか?そういった曖昧に理解している部分も、詳しく説明していきたいと思います。

「歌学」の意味

この「歌学」についてはとても分かりやすいので、初めに説明をしたいと思います。この「歌学」は、すなわち和歌全般に関する学問のことです。
「科学」と「化学」のように、理科のようなイメージは持たないかと思いますが、注意すべきは音楽的なイメージでもないということです。和歌に関する学問なので、分野で言えば国語のようなイメージを持って頂けると分かりやすいと思われます。

「科学」と「化学」の意味の違い

そして、ここからが本題です。最も理解しがたく、境界線が曖昧なこの二つの言葉、「科学」と「化学」です。
この二つとも、学問や学術的知識を示す意味を持ちますが、その大きな違いは「対象とする大きさ」です。
「『化学』は『科学』の一部」と言い換えると分かりやすいかもしれませんが、「科学」は自然現象全般などを扱う自然科学や、社会科学など、「様々なことを客観的に、そして統計的に研究する活動や学術的研究成果」のことを指します。そして、主に自然科学の分野に絞って使われることが多いです。

それに対して「化学」は、この自然科学の一分野のことで、物質の性質や構造、物質相互の反応などの学問だということです。「化学」の方が、同じ学問でも示す範囲が狭いことが分かりますね。

科学と化学と歌学の意味の違いまとめ

少し難しい説明になってしまいましたが、「歌学」は和歌に関する学問で、「科学」は客観的・統計的に研究することやその学問、「化学」は科学の中のその一分野だということになります。まずは「歌学」の意味を覚えてしまい、「科学」と「化学」はその範囲が違うこと、ご理解頂き、正しく使い分けてみて下さい。

スポンサーリンク