解放と開放の意味

今回は「解放」と「開放」の意味の違いについて説明していきたいと思います。似たようで少し違う、この二つの言葉の意味の違い、あなたは説明できますか?細かい違いについて見ていきましょう。

「解放」と「開放」の基本的な意味の違い

この二つの言葉の意味の違いは、ズバり元々の状態の違いです。
まずは「解放」から説明していきたいと思います。こちらの「解放」は、漢字の示す通り、「解き放つ」と書いてカイホウと読みます。
ですが、ただカイホウすると言っても、「開放」とは状況が違います。束縛や監禁など、自由を制限するものから解き放たれることを意味し、それがすなわち「解放」の意味になります。
それに対して「開放」は、単に窓や扉を開け放ち、自由に出入りすることを可能にするもので、先ほどの「解放」とは違って、苦しい状況ではないことが分かります。

 

様々な側面から見ると分かりやすい!「解放」と「開放」

意味は先ほど説明した通りですが、様々な側面から見ると、違いが更に分かりやすくなります。
まず、「英語」に置き換えて考えてみると、この言葉を聞いて、初めに思いつく「Open」は「開放」の訳になります。
では「解放」はというと、捕まえた魚などを自由にするときなどに使う「Release」が英語での意味になります。リリースという言葉の方が、釈放など自由にする意味合いが強く、イメージと結びつきやすいですね。
また、それぞれの「対義語」に注目してみても分かりやすいでしょう。
「解放」の対義語は先ほどの説明の通り「束縛」になります。「奴隷解放」などの言葉を社会の授業で習うので、とても覚えやすいでしょう。「開放」の対義語は、「閉鎖」です。これも窓や扉などを開ける反対の言葉なので、そのままですが、やはり対義語に置き換えると、この二つの言葉の違いが歴然とするので、とても良い方法だと思います。

 

解放と開放の意味の違いまとめ

「解放」と「開放」という言葉。この二つの言葉は、それぞれ「カイホウ」されるシチュエーションが違うということ、お分かり頂けたでしょうか?ぜひ、英語や対義語など様々な側面に置き換えて考え、言葉の理解を深めてみてください。

スポンサーリンク