改定と改訂の意味の違い

「改定」と「改訂」の違いについて、あなたは詳しく説明できますか?
この二つの言葉は、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。
社会人としての常識の一つとして、この言葉の違いについて知っておいて損はないと思います。

「改定」と「改訂」の基本的な意味の違い

この二つの言葉には、それぞれ「改める」という意味を持ちますが、どう改めるかについては、両者違いがあります。
当然のことながら、注目すべきは「定」と「訂」の意味の違いです。
まず、「改定」の意味について説明を行いたいと思います。こちらの「改定」は、「定める」という漢字を使うことから、「改めて定める」「改めて決める」といった意味があります。「新しいものに変えて決定する」という意味が、シンプルで分かりやすいかもしれません。

それに対して、「改訂」は「改めて正す」という意味があります。ただ単に「新しいものに変える」という意味を持つ先ほどの「改定」とは異なっていて、以前の間違えや誤りなどを認めて、「正す」という意味を含んで改めるのがこの「改訂」の特徴です。

具体的な使い方の例

・ある地域の最低賃金が「カイテイ」された。
この場合は「改定」が正解です。以前の賃金が誤りではなく、ただ新しく決め直したという意味で使われているので「改定」を使うのが正しいです。

・内容に不備があったため、「カイテイ」版の出版が決定した。
この場合は「改訂」が正解です。以前のものが誤りであることを認め、正しいものに変更するという意味で使用されているので「改訂」を使うのが正しいです。

改定と改訂の意味の違いまとめ

「改定」と「改訂」の違い、ご理解頂けましたでしょうか?
ビジネスシーンにおいて、よく使われるこの言葉ですが、活用する際には今回説明した違いを踏まえて、「誤解を生まない」表現に繋がりましたら幸いです。

スポンサーリンク