回答と解答の意味の違い

「回答」と「解答」、この二つの明確な意味の違い正しく説明できますか?
あまり意識したことないかもしれませんが、今回はこの二つの正しい使い方について説明します。

「回答」と「解答」の基本的な意味の違い

まず、どちらの「カイトウ」も基本的には何かに対して答えるというイメージを持っていると思います。
その意味は、二つとも持っており間違いではありません。
では、何が違うのか?それは、「応える」か「答える」か、という部分の違いです。
まず、「回る」という漢字を使った「回答」には、「返す」という意味が含まれており、誰かの質問や要求に対して「応える」というのが正しい使い方です。「返事」や「応答」などに近い意味を持っているのがこちらの「回答」で、当然のことながら「返事・応答」には質問する相手が存在していることが前提になります。

それに対して、「解答」は質問する相手を必要としない「答える」という意味を持ちます。
「解答」の「解」の字は「解く」という意味としても使われる通り、道理に従って「答え」を出すという意味が中心になります。では、続いて具体的な例を使って、どういう時に使い分けるか理解していきましょう。

この場合はどちらの「カイトウ」?正しい使い方の具体例

・街頭アンケートを行っていたので「カイトウ」した。
この場合は、「回答」が正解となります。街頭アンケートを行っている相手の人が存在しているので、質問に応える形となります。相手が存在しているので、この場合は「回答」を使います。

・テストの「カイトウ」用紙が返された。
この場合は、「解答」が正解です。問題に対して、筋道を立てて答えを出すので、「解く」ことを中心とするテストに対しては「解答」を使います。

回答と解答の意味の違いまとめ

二つの明確な意味の違いを理解して頂けたでしょうか?
このように、使うシチュエーションによって使い分けることができます。
ただし、先生がクイズを出題してきた場合には、質問に「応える」ことであり、問題に「答える」ことでもあります。つまり、「回答」し「解答」することになるため、利用シーンが似ているこの二つの言葉はどちらでも意味が通る場合もあります。
具体的に分けて使用する機会は少ないかもしれませんが、日常でどちらの「カイトウ」が使われているか、少し意識してみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク