会心・改心・回心言葉の意味の違い

「改心」と「回心」と「会心」、三つの言葉全て「かいしん」と読み、3つの言葉すべてに「心」という漢字が使われていますが、それぞれ意味は異なります。

会心とは?

会心」これは、ドラゴンクエストというゲームでクリティカルヒットした際に使用される「かいしんのいちげき」という言葉がありますが、その時に使われるているのが「会心」です。
辞書では「心にかなうこと、期待通りいって満足すること」と説明されています。
つまり、会心の一撃は、期待通り満足な一撃を相手に食らわせたという意味で使われていることが分かります。
また、「納得すること、会得すること」という意味も持ち合わせているので覚えておきましょう。

改心とは?

そして、二つ目に説明するのは、「改心」です。
これも比較的分かりやすいかもしれません。「改める心」と書くように「悪い心を改めること」という意味を持っています。
今までの考え方を変えて、心を切り替えることを意味する言葉です。

回心とは?

そして、三つ目の「回心」ですが、これが「改心」とやや近い意味を持っていて複雑です。
この言葉も、「改心」と同様に心を改めるという意味を持っていますが、こちらの「回心」はそれだけにとどまらず、「心を改め、仏道に入ること」を意味しています。
従来の考え方が、新たな考え方に生まれ変わる様を、そのままその後の生き方と捉え、新しい信仰に目覚めるという意味まで持つ。つまり、ただ社会生活で反省し心を改める「改心」とは異なり、神の世界や信仰の世界にまで目を向け、生き方そのものを見直して心入れ替えることを「回心」といいます。
「会心」はとても分かりやすい言葉であったが、「改心」と「回心」は意味は近いものがあるものの、心を改める規模や世界観が全く異なるので、使う際には注意しましょう。

スポンサーリンク